株式会社アクトインフォメーションサービス
アクトは日本の情報化社会と共に成長し続けます。

トップ

アクトの企業理念・方針

アクトのサービス

アクトの会社概要

アクトの実績・売上

アクトの環境への取り組み

アクトの採用
 情報セキュリティ基本方針 / Information Security

ISMS

顧客要求事項に基づくソフトウェアの設計・開発・保守

制定 2008年 10月 15日
改定 2009年 7月 31日
株式会社 アクト インフォメーション サービス
代表取締役社長 山崎 弘之
 情報セキュリティ基本方針
当社は、企業理念・経営指針に基づき、社会に貢献し、すべてのお客様からの信頼を得るとともに、当社への期待に応えるべく事業活動を進めております。 そうした中で、お客様やお取引先様からお預かりした情報資産および当社の情報資産を守ることが責務と考え、次の取り組みを推進いたします。
  1. 情報セキュリティへの取組み
    当社は、「情報セキュリティは、当社の経営上および事業上の最重要課題のひとつである。」との認識のもとにお客様やお取引先様からお預かりした情報資産および当社の情報資産を対象に取組みます。


  2. 情報セキュリティマネジメントシステム
    当社は、情報セキュリティマネジメントシステムを確立し、これを実施・維持し、継続的に改善します。


  3. 情報資産の保護
    当社は、情報サービス業をコア・ビジネスとしていることを踏まえ、情報資産の機密性、完全性および可用性に対する脅威から情報資産を確実に保護するため、それぞれの業務実態に応じた適切な管理策を講じます。


  4. 法令等の遵守
    当社は、情報セキュリティマネジメントシステムを情報セキュリティに関する法令、規格その他の規範に準拠・適合させるとともに、これらの法令、規格その他の規範を遵守します。


  5. 教育・訓練
    当社は、役員および従業員の情報セキュリティへの意識向上を図るとともに、情報セキュリティマネジメントシステムについての教育・訓練を行ないます。


  6. 事故発生予防と対応
    当社は、情報セキュリティ事故の発生予防に努めるとともに、万一、事故が発生した場合には、再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。
↑ページの上へ


COPYRIGHT © 2004 ACT INFORMATION SERVICE CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.